もう献立に悩まない!献立アプリ『me:new』のレビュー

f:id:mtoki:20190331222530j:plain

 

こんにちは!トキです。

トキ

毎日献立考えるのめんどくさい!!
面倒だけど、一週間分の献立を考えるようにするか…

と考えていたときに見つけた献立アプリ(*´▽`*)

最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー)

最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー)

menew Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

使用開始して4週間目に入ったので、そろそろレビューします。
アプリ内の写真は転載禁止のようなので、消してありますが悪しからず。

 

 

毎日の献立を考えてくれる献立アプリは、ずぼら主婦にとって神アプリ

 

私は毎日、献立を考える時間が憂鬱でした。
何を作ろうか悩んでいると、自然と料理自体が面倒になっていました。

しかも、夫は夕食のときはご飯を食べないので、おかずだけで十分な量を作らなければなりません。

 

私は冷蔵庫の食材が少なくなって来たらスーパーへ行き、

特売品を中心に適当にカゴへ入れていく

こんな買い物の仕方をしていました。

一人暮らしの頃からずっとこんな買い方をしていましたが、そのときは買う量が少なかったので、特に不便はありませんでした。
自分で食べる分だけ作れれば良いし、美味しくなくてもいい。
材料が足りなければ、その日は納豆や卵かけご飯にして、翌日仕事帰りに買って来ればいい。

でも、夫がいるとそうもいきません。
夫は激務なので、ちゃんと栄養のあるものを食べてほしいし…。

今は時間があるので作ってはいるけど、どうしても献立を考える時間が嫌でした(;^ω^)
そんなわたしにとって、献立を自動で作ってくれるアプリは、まさに神アプリ!

 


 

献立アプリ『me:new』を使用してみた。

 

最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー)

最長1週間の献立が簡単に作れるme:new(ミーニュー)

menew Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

 

使用していたみたのは、こちらのアプリ。
普通に「メニュー」って読むのかと思っていたら、「ミーニュー」って読むんですね。
他にも2つほどインストールしてみたんですが、スーパーの特売に合わせたメニューを提案してくれるのと、見た目がスッキリしてシンプルなところが気に入って、まずはこちらから使ってみることにしました。

ただ、最初に使ってみるポイントとなった、「スーパーの特売に合わせたメニューを選んでくれる機能」というのは、有料のサービスのようです。
ダウンロードしてから、2週間は無料の試用期間となっています。
2週間経ってお知らせが出るまで気づきませんでした(^-^;

 

献立アプリ『me:new』の使い方

 

初めに開いくと、アレルギー項目家族人数などを設定する画面が出てきます。
後からの変更も可能です。

最近知ったことですが、わたしはアレルギー体質らしく、食品も色々とアレルギー持ちのようですが、これまで食べてきて何か起こったことはなく、病院の先生にも、食べていいよと言われているので、何も選択しませんでした。

 

家族は夫のみですが、前述したように夫はご飯を食べない為、おかずを多く必要があるので3人分で登録しました。
これは後で紹介する『買物リスト』にも反映されます。

 

献立は最大一週間分作成できる。変更・削除も可能。

 

f:id:mtoki:20190326151138j:image:w300

 

日にちを設定して「献立作成」ボタンを押すだけで、最初に設定した内容に沿って献立をあっという間に考えてくれます。

 

f:id:mtoki:20190326152023j:image:w300

 

えてくれるのは『主菜』『副菜』『主食』の3点のみなのですが、4週使ってみた結果、『主食』は白米が必ず選択されます。
『主食』には他にどんなものがあるのだろう…と試しに見てみると、カレーや丼ものが出てきました。
うどんが食べたいときなども、自分で検索しないと出てきません。

自動作成された料理の中で、これは食べたくないなと思うようなものがあれば、そこは手入力で変更する必要があります。
「献立を変える」ボタンを押すと、レシピを「変更」・「削除」できるボタンが出てくるので、どちらかを選ぶだけです。

副菜は使い回しレシピとして、2日・3日連続で同じものが登録されるようです。
これは自動作成した場合のみで、自分で指定した場合には1日分しか登録されません。

同じ画面で「副菜」と「汁物」を追加で選択することができます。

汁物については、お味噌汁は合わない具がほとんどないので、余りそうな食材や、常備している野菜等で作ってしまえるので、わたしは選択せずに使っています。

 

【余談】
大抵の食材はお味噌汁に合う・微妙だとしてもまずくはならないと思っているわたし
ですが、ブロッコリーはおすすめできません(´・ω・`)
見た目もまずそうな上、食べてもまずいです。
夫にも、もう作らないでと言われましたw

 

外食をするときなど、作る必要がない時はその日の料理を全て「削除」することができますし、献立作成する時点でその日を除いて作成することもできます、
削除した分は、もちろん「買物リスト」からも削除されます!

 

食材・料理名を指定してのレシピ検索も可能!お気に入り機能が便利

 

f:id:mtoki:20190326152014j:image:w300

 

レシピを変更するときには、食材や料理名などを指定しての検索も可能です。

先週分の食材が余っているときや、副菜のレシピを追加するときなどに便利です。

食べたみたいレシピ・作ってみて気に入ったレシピをお気に入りレシピとして登録しておけば、変更・追加するときにその中から選ぶだけなので、時短にもなります。

 

献立の所要時間、栄養価が分かる

 

f:id:mtoki:20190326154329j:image:w300

 

このように所要時間エネルギー塩分が表示されます。
あまり時間のかかるものは出てこない印象ですが、時々手間がかかりそうだなと思ったらわたしは変更してしまいます(^-^;

 

買物リストが超便利!冷蔵庫の中身の把握・買物に使う時間の短縮に役立つ

 

f:id:mtoki:20190325130212j:image:w300

 

買い物リストは、このようにチェックリストになっています。
買物に出かける前にリストを確認し、「これ残ってなかったっけ?」と思うものは冷蔵庫を確認するようになりました。

そもそも、新しい献立を作成する頃には冷蔵庫の中がスッキリしています。

適当に特売品をポイポイ買っていたときにはこれができていなかったので、ものすごく助かっています、買い物リスト。

また、この買物リストは売場ごとにリストされているので、あちこち移動したりする手間もありません。
決まったものを買い物カゴに入れていくだけで余計なものはあまり見なくて済むので、買い物がパパッと終わります。

ただ、目に入った値引き商品とかを見つけると、つい買ってしまうことはあります。
そんなときには、前述した食材検索機能が便利ですね。

 

まとめ:無料で十分です

 

このアプリを利用するポイントとなった、特売情報検索機能ですが、2週間試用した中では、わたしはなくても良いと思いました。
特売だとしても高くて買わない食材なども含まれるので、かえって変更する頻度が高く、ケチなわたしのケースでは役立つとは言えませんでした。

これが初めての献立作成アプリなので、登録したレシピを作り終えたら、別のアプリを使ってみる予定です。
このアプリに戻ってくる可能性はありますが、有料登録することはなさそうです。

 

me:newを使ってみて、良かった点・悪かった点を挙げてみます。

 

良かった点

  • 献立を考えるストレスがなくなった
  • 自分では選ばないようなレシピが自動で登録されるので、新たな発見が多い
  • 買い物リストを見ながら選べばいいので、時短になる
  • スーパーに行く回数が減り、余計な買い物が減った
  • 冷蔵庫の中身の把握ができ、食材を廃棄することがなくなった

 

悪かった点

  • アプリ上の戻るボタンでしか動かないページがあるなど、操作性があまりよくない

操作性の点でちょっと気になることはありますが、概ね満足しています。

それから、献立アプリを使うメリットとして、「節約」というのが挙げられると思うのですが、今回は触れませんでした。
自分で献立を考えなくて良くなったことから、毎日作るレシピ数が増えました。

働いているときは、ひどいと副菜なしでした。
疲れ切っているときにはお味噌汁しか作らない日もありました。
仕事を辞めてからは、さすがに副菜なしということはなくなったものの、多くて2品くらい。
今は主菜・副菜(2~4品)・汁物を作っています。

 

 

トキ
むしろ食費は上がりそうな感じだけど、色んな野菜を食べれるようになったからOKよ

 

わたしのようにずぼらな人でなくても、「時短」を目的とする方や、レパートリーを増やしたい方にもおすすめな、とても便利なアプリです。

最新情報をチェックしよう!