フリマアプリ「ラクマ」を約2ヶ月使ってみた!

f:id:mtoki:20190403233234j:plain

 

こんにちは!トキです。
2月からフリマアプリ 「ラクマ」を利用し始めました。

 

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

ラクマ(旧フリル)- 楽天のフリマアプリ

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

 

出品して、取引を終えた数が40となりました(^▽^)/

だいぶ慣れてきたので、販売実績や使ってみた感想などをまとめました。

ちなみに、フリマアプリは購入のみ「メルカリ」利用経験あり。
出品は「ヤフオク!」利用経験ありです。

 

メルカリではなく、ラクマを選んだ理由

 

ラクマは最近CMもやっていますが、それでもメルカリのほうが人気・認知度は高いです。
登録者数も多いので、見る人が多い=売れやすいということです。

 

フリマアプリの利用を検討し始めた頃は、実はメルカリとラクマの両方への出品を考えていました。
結構、「他のフリマサイトにも出品中」であることを明記している出品者さん、多いです。

 

しかしわたしは、これから出品する数を考えた時に、両方作業していくのは厳しい(面倒臭い)と思ったので、とりあえず今のところはラクマ1本に絞って出品することにしました。

 

楽天ユーザーさんにかなりおすすめ

 

何を隠そうわたくし、何年もダイヤモンド会員をキープしているヘビーユーザーです(・∀・)٩

お買い物マラソンなども活用し、年間数万円分のポイントを貯めています。
自分にはちょっとお高めのアイクリームなどは、全額ポイント決済するなどして、出費を減らしているほど(笑)

ラクマは、ラクマで買ったものを売上金から払うこともできますが、楽天で使える楽天キャッシュへの交換が無料でできます。

楽天ユーザーのわたしには、とっても魅力的なのです。

※振込で現金で受け取りたい場合には、売上金1万円未満だと手数料が210円かかります!

 

ラクマは販売手数料が安い

ラクマ販売手数料:売上額の3.5%

メルカリなら10%も持って行かれてしまうので、この差はかなり大きいです。

例えば1000円で売れたとして、メルカリは100円引かれて900円の収益。
ラクマだと35円なので、965円の収益。

 

2019年10月から、増税に伴い販売手数料が3.5%(税込)→3.5%(税抜)に変更されました。
1000円で売れた場合、1000円×0.035=35円。35円に消費税10%分の3.5円がかかるため、
手数料は38円(小数点切り捨て)となり、962円の収益となります。

 

更に送料も出品者が負担しないと売れづらいので、これは送料込の価格です。

ラクマとメルカリは、共にお得な送料で発送出来るサービスがあります。
それぞれ「かんたんラクマパック」「ゆうゆうメルカリ便」という名称です。

同じゆうメールを利用した場合、ラクマは179円メルカリは175円と、メルカリが少しお得です。
でも、収益額から送料を引くと、メルカリ725円ラクマ786円です。

 

ラクマ利用開始2ヶ月間の販売実績

出品点数:126点
売上点数:40点
売上金額:¥43,453

※売上金額は、販売手数料と匿名配送料金は引いてありますが、現金で払った送料は引いていません。

 

2ヶ月で40点売れればだいぶ良いほうかな~と思ったんですが、出品点数を考えると…売れていない商品が86点あるので、良いとは言えませんね。

断捨離後から大量に出品数を増やしましたが、2月末頃に出したものでまだ売れていないものもあります。

 

売れやすかった商品

 

出品商品の大半は衣類なのですが、衣類は相場がわかりづらく苦戦しました。
以下、売れるのが早かった順です。

 

  1. 専門書・コスメ・CD・DVD
  2. ファストファッションブランド衣類
  3. ブランド衣類・靴
  4. ノーブランド衣類

上記以外で出品したものは、ほとんどありません。
インテリア雑貨等も出品したのですが、いいねも付かなかったので処分済み( ;∀;)

①は相場がとても分かりやすいので、それよりも少し下げるだけですぐ売れます。
競合の出品がなければ、相場より高めに設定しても売れます。

意外と即売れたのが、GUやしまむら、H&M等のファストファッション。
しまむらはブランドタグが登録されていたので、まずそこに驚きました(笑)

定価が安い商品なので、かなり下げないと売れないと思いきや、そこまで激安でなくても売れました。
ノーブランド品は安くしても、売れないもの多数ありました。
むしろセールで買ったブランドより、定価で買ったノーブランドのほうが高いんですけどね(^-^;

相場は、商品名を検索して、過去にラクマやメルカリで売れた金額を参考にしても良いし、オークファンを使っても良いです。
オークファンは無料のままだと1ヶ月分のデータしか見れませんが、複数のサイトのデータが見れるので結構利用しています。



 

ラクマのシステムへの不満点

 

・値下げしても新着表示されない

 

わたしが2ヶ月使ってみて感じた不満点は今のところはこの1点だけです。
この1点だけですが、値下げしても新着に表示されずに埋もれてしまうのはかなり大きな痛手です。

メルカリは、値下げすると新着に再表示されるらしいのですが、ラクマは出品削除→再出品しないと新着に出てきません。
最初は新着に再表示されると思っていたので、しばらくは、見てもらえないのに値下げをしていました。

他、わかりにくいなと思ったのは、1555円以上でないとゆうパックで送れないことです。
もちろん、伝票を自分で書いて実費を払って送ることはできると思いますが、ラクマパックの利用ができません。
これ、購入された後の画面に注意書きが出てきてびっくりしました。

安い商品をゆうパックで送ることがないので、実害が出たわけではないんですけどね。

 

まとめ

 

相場のわかりやすいものは、ラクマでも十分相場~相場以上で売れます。
むしろ、同じ商品でもメルカリよりラクマのほうが高値で取引されている場合があり、
ラクマのほうがやや高めに売れる可能性があります。

でも、一番売りたかった洋服に関しては満足とはいかなかったです。

売れなかったらリサイクルショップに出すしかない=タダ同然で引き取ってもらうしかないわけなので、もっと値段を下げれば良かったというわたしのミスでもあります。

検証も兼ねて、洋服はメルカリに出し直ししようかなと思っています!

最新情報をチェックしよう!