自動車税のクレジットカード払い!デメリットは多いけどキャンペーンでお得に

  • 2020年5月28日
  • 2020年5月28日
  • 節約術

 

自動車税もクレジット払いできることはご存知ですか?

以前は面倒でもnanacoカードにクレジットチャージしてコンビニ払いしていたのですが、セブンカードでしかチャージポイントがつかなくなってからは現金払いしていました。

今年初めてクレジット払いしてみたので、デメリットや注意点を調べてまとめてみました!

 

自動車税はクレジットカード払いできる?

 

2020年度はほとんどの都道府県でクレジット払いに対応しています。
が、高知県と石川県は残念ながら対象外です。

クレジット払い可能であっても、インターネットからの支払いに限ります。
コンビニや銀行に納付書を持って行ってクレジット払いできるわけではないので注意してください!

 


福島県HPより画像引用しています。

 

通知書に納付番号、確認番号が記載されているか確認してください。
ここに記載がないものに関しては、クレジット払いできません(^-^;

 

 

自動車税をクレジット払いするメリット

 

 

自動車税をクレジット払いにするメリットは、

 

  • コンビニや銀行に行く手間が省ける
  • クレジット決済のポイントがつく
  • ボーナスで支払うことができる

 

などが挙げられると思います。

 

コンビニや銀行に行く手間が省ける

 

スマホやパソコンがあれば、自宅で24時間いつでも支払うことが可能です。
もちろんお金を下ろす手間も省けます。

 

コンビニに来たのに納付書を忘れて支払えなかった!

 

なんてこともなくなります(*’▽’)
わたしは何度か忘れて悔しい思いをしたことがあります笑

 

クレジットカード会社のポイントがつく

 

 

ポイント還元率が1%のカードを使えば、数百円分のポイントとして還元されます!
金額が大きいだけに、少しでも取り戻したいですよね。

わたしはポイント還元率1%の楽天カードを利用しています。↓

 

 

 

 

これはわたしが実際に支払ったときの画面をスクショしたものです。

支払い後、改めてカード番号を入力することなく家族分の自動車税を続けて支払うことが可能でした。
つまり、家族名義のカードでも支払いは可能です。

わたしが楽天で買い物をするときのお小遣いになるので、夫の分までポイントがついてウハウハです笑

 

 

ボーナスが出てから支払える

 

これはカード会社や支払日によって異なるとは思うのですが、5月中にカード決済しても、引き落としされるのは6月末頃なので、実質的にボーナスが出てから支払うことになります。

支払う額は変わらないのですが、気持ちが軽くなる気がしませんか?笑

 

 

自動車税をクレジット払いすることのデメリット・注意点

 

 

デメリットや注意点もいくつかあります。

 

  • カード決済手数料がかかる
  • 納税証明書は発行されない・必要なら自分で申請しなければならない
  • 支払い期限を過ぎたらカード決済できない

 

 

カード決済手数料がかかる

 

ネットや街での買い物にカード決済を利用すると、手数料はお店側の負担になりますが、自動車税の場合は納付者の負担になります。

ほとんどの自治体は1台につき税込330円です。
支払金額によって手数料が異なる自治体もあるので、支払う前にHPで確認しましょう。

クレジット決済のポイント還元率が1%以上でないと、この手数料を補てんすることができないので、注意してください。

 

納税証明書は発行されない・手続きに約3週間かかる

 

車検などに必要な納税証明書(領収証)は発行されません。

必要なら自分で申請して発行してもらうようになります。
コンビニに行く手間を省いたつもりが、余計な手間と時間がかかることになるので注意してください。

車検では、運輸局で納付確認が行えるので提示しなくても良くなりましたが、他の都道府県への引っ越し、車の売却の際には納税証明書が必要になります。
また、軽自動車の場合は必ず納税証明書が必要です。

発行までに約3週間程の時間がかかるので、急ぎで必要とする場合はコンビニや銀行で支払うようにしましょう。
(運輸局での確認にも3週間程の時間がかかります)

 

支払い期限が過ぎたらカード払いできない

 

各都道府県によって異なりますが、支払期限が過ぎたらカード決済はできなくなります。

ちなみにわたしが住む福島県では、2020年度の納付期限は6月1日まで、クレジット払い可能なのは6月末日まででした。

 

楽天カードの自動車税支払いキャンペーンを利用しよう

 

自動車税を楽天カードで支払うと、抽選で1000人に2000円分のポイントが当たるキャンペーンを開催中です。
当選者数はあまり多くないですが、当選すればラッキーなのでエントリーを忘れずに!!

5月31日までにエントリーして支払いを完了させてくださいね。

 

 
 
 

 

自動車税のクレジットカード払い!メリット・デメリットまとめ

 

クレジット払いを選択すると、ポイント還元がある反面、手数料が納付者負担となってしまいます。

 

  • クレジット払いによるポイント還元分で決済手数料を補てんできるか
  • 納税証明書が急ぎで必要でないか

 

などに注意して、自動車税のクレジット払いを利用するようにしてくださいね。

ちなみに我が家では、夫婦で普通自動車を所有しているので、合計74000円の支払いでした。
2台分の手数料は660円なので、少しですがポイント還元分が上回ります。

更に上記で紹介した楽天カードのキャンペーンに当たれば、還元率がかなり高いです。

お互いに、少しでもお得に納税しましょう(*^▽^*)

 

最新情報をチェックしよう!