子どもの誕生記念にメモリアル梅酒を作ろう!20年後のプレゼント

 

 

梅の季節になりましたね♪

実は先日、メモリアル梅酒を漬けました!
Twitterで知って真似したくなったのです。

 

20年後のプレゼント!メモリアル梅酒とは?

 

「子どもが生まれた年に仕込み、ハタチになったら一緒に飲むための梅酒」

 

です!

が、この定義はわたしが勝手に決めたものです笑

 

「子供が生まれた年に仕込んで自分の為に10年後開ける」

でも良いですし、

「ハタチまでと言わず結婚するまで開けない」

でも良いと思います。

わたしはたまたま娘が0歳だったので、20年熟成させるぞ!と意気込んでおります(^▽^)

 

成人は18歳に引き下げられましたが、お酒を飲んで良いのはハタチからです。

 

メモリアル梅酒作りの材料

 

  • 青梅・・・1kg
  • ホワイトリカー・・・1,8ℓ
  • 氷砂糖・・・500g~
  • 4ℓガラス瓶

 

今回は4ℓ作りましたが、お好みに合わせて分量は調節してください。

お酒はホワイトリカー以外にブランデーなどでも代用可能ですが、今回は無難にホワイトリカーを使用しました。

氷砂糖の量はお好みで調整してください。甘めが好きな人は700g~で。

 

 

 

ガラス瓶はこちらが日本製でおすすめです。

今回は20年熟成させるので、空気を通さないガラス製であることも重要です。

 

梅酒つくりに適した梅の選び方は?

 

 

  • 大きくてツヤがある
  • シワがない
  • 傷がない
  • 青梅

 

スーパーでは袋詰めで売られているので蒸れやすいです。
大きさやツヤなどを目で見て確認して買えるので直接選べるのは魅力ですが、場合によっては通販を検討したほうがいいかもしれません。
わたしはスーパーで買いましたが、通販にすれば良かったかなぁと思っています(^-^;

ちなみに画像の梅は約2kg。
授乳期間が終わったら飲めるように、ふた瓶分作ります♪
ご覧のように熟した梅が多かったので、熟した梅は授乳期間終了後の自分のお楽しみ用に、青梅はメモリアル梅酒用に分けました。

 

 

熟している梅は何でダメなの?
熟した梅は柔らかく、果肉が溶けやすくにごってしまうため、長期保存には向きません。
 
傷があると何でダメなの?
熟した梅を使用するのと同様に、にごりが出てしまいます。きれいな琥珀色に仕上げるために傷のない梅を使用しましょう。

 

 

メモリアル梅酒の作り方

 

作り方は普通の梅酒と同様です。

 

瓶を消毒する

 

瓶に熱湯を入れまわし、お湯を捨ててしっかり乾燥させればOK!
熱湯はすぐ乾きますが、念のため梅を入れる前に水気が残っていないか確認しましょう。

 

梅を洗ってしっかり乾かす(品種によりアク抜きも)

 

傷がつかないよう丁寧に水洗いします。洗剤は使いません。

南高梅はアク抜き不要ですが、それ以外の梅は1~2時間水につけてアク抜きします。

水気が残らないよう、しっかり乾かします。水気が残っているようなら拭き取ってください。
水気が残っている梅を使うと、20年の内に腐る可能性があります。

 

梅のヘタを取りながらキズモノを選別する

 

 

つまようじか竹串でヘタを取り除きましょう。
ヘタを取り除かないとえぐみが出て美味しい梅酒になりません。
簡単に取れますが、つまようじを使用する場合は数本用意したほうが良いです。

金属製の串は梅を傷つけてしまう可能性があるので、使わないようにしましょう。

キズモノの選別もこのときにすると効率が良いと思います。
今回わたしが購入した梅は2kg中4個だけが使えませんでした。

 

梅と氷砂糖を瓶に入れ、お酒を注ぐ

 

よく梅と氷砂糖を交互に入れた写真をよく見ますが、梅酒は特にバランスは気にしなくてOK。
お酒を入れるので、翌日には氷砂糖は瓶の底に落ちています。

 

瓶にラベルを貼る

 

味にはもちろん関係ありませんが、せっかくの記念なので仕込んだ日にちや開封する予定日(ハタチの誕生日など)を忘れずに貼りましょう( *´艸`)

 

以上で梅酒の仕込みは終わりです!冷暗所に保管しておきましょう。
瓶を振る、振らないは好きにして良いです。

 

1年後に梅を取り出す

 

梅のエキスは1年ですべて出切ってしまいます。
そのまま残しておくと実が崩れて見た目が悪くなる可能性があるので、1年で取り出しましょう。
梅を取り出しても熟成は進んでいきます。

 

20年かけて熟成!メモリアル梅酒をつくるポイント

 

  1. ガラス瓶はきちんと消毒する
  2. 水気は腐る原因に!瓶、梅を洗ったあとの水分は徹底的に除く
  3. プラ容器ではなく、ガラス瓶を使用する

 

これらを守れば20年ものの梅酒を作ることができます。

 

20年後に乾杯!

 

 

今回はふた瓶漬けたので、ひと瓶は授乳の役目を終えたら開けるつもりです。

メモリアル梅酒は娘のハタチの誕生日に、娘と一緒に飲めたら幸せです。
その頃には、もしかしたら家を出て誕生日にお祝いなんてできないかもしれないし、恋人や友達と過ごすことを優先するのかもしれませんね。

娘はどんな20年を生きるんだろう。どんな子に育つだろう。どんな顔になるだろう。

すべてが楽しみで仕方ありません。

現在の娘は6ヶ月。これまで「可愛い」「愛しい」「尊い」しかなかった娘に対する感情も、もっと複雑になっていくのだと思います。
それでも、今感じている娘への気持ちは忘れたくないし、娘にも伝えていきたい。

ハタチになった娘と、どんな話をしながら乾杯できるのか、楽しみは20年後です。

 

最新情報をチェックしよう!